スタートアップの計画 5年で売上高100億円の計画を考える価値

数字の計画は、世の中のいろいろな場面で必要とされます。

財務省は毎年予算をとりまとめますし、一般の企業でも、部署ごとに数字の計画をつくります。

私たちスタートアップも、投資家から数字の計画を求められます。

でも、誰かに求められてつくる、に終わらせるのはもったいないですね。なぜなら、数字の計画は、社内外の方々と、構想やTo Doを共有する有効なツールになりますからね。


ところで、将来のことを考える時、現在の延長で考えても、あまり大きな未来を描けずに煮詰まってしまうこと、よくあります。

現状からスタートすると、前提条件が現状に縛られちゃうので、発想が限定されてしまう。。。

そこで、仮に5年後の売上高を100億円と置いて考えてみます。


えっ?いきなり100億円?

根拠は?

そりゃいくらなんでも無理だろ。


でも、考えてみる価値はあります。

「お客様1人あたり年間10,000円の売上とすると、100万人のお客様が必要だ。」

「100万人というのは、いま想定するお客様層だけでは到達できない。」

「とすれば、周辺のお客様層までサービス対象を広げるか?」

「あるいは、今のサービスにアドオンする別のサービスを作ってゆく?」

「100億円となると志から変えなきゃ。いや、自分の志はそもそももっと大きかったぞ」

とか、考えがすすむ。

すると、前提から考え直す必要がある一方で、これまでは見えていなかった構想が見えてきたりする。


そして、5年後の理想の姿に向けて、

「では、この1年は何に集中したらよい?」

「それなら、いま何をするべき?」

も浮き彫りになってきます。


一旦、できない理由は横に置いておき、どうしたらできるかを考える。

本格的な上場準備に入るまでは、ぶっちゃけ、数字の計画は達成するためのものというより、

・志と構想を新たにし、
・これから何に集中するかをメンバーと共有し、
・5年後の共通のイメージを持つ

ことに一番の意義があるんじゃないかと。


数字の計画は今後、何度も書き換えられます。
でも、私たちは明日に向けて、今日、どこかの方向に足を踏み出してゆかなければならないですよね。
そのきっかけをつくる有効なツールが数字の計画。

「未来は現状の延長にある。」
おっしゃるとおりです。

「将来の理想像がなければ、永遠にそこに到達はしない」
これもまたしかり。

未来からの逆算も、役に立つことがあります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくださった方に、よいことが起きますように!

スキしてくださった方に、よいことが起きますように!
12

吉島彰宏(よしじま あきひろ)

起業成長のアシストが役割。資本政策が専門。ピースオブケイク、トレタ、クラウドクレジット、Dr.JOY、QON、ワンダープラネット、JARMEC、ウェルモに関与。

#スタートアップ 記事まとめ

スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。