吉島彰宏(よしじま あきひろ)

起業成長のアシストが役割。資本政策が専門。ピースオブケイク、トレタ、クラウドクレジット、Dr.JOY、QON、ワンダープラネット、JARMEC、ウェルモに関与。

スタートアップの資金調達 時価総額の交渉をする本当の理由

投資家さんがもし、「投資したい」と思ったら、会社の時価総額について本格的に話し合うことになってきます。 でも、高い時価総額で決まれば会社の勝ち、低い時価総額で決...

スタートアップの資金調達 時価総額はどうやって決まるのだろう?

コンビニ、レストラン、アパレルショップ、、、お店の商品には値段がついています。 上場会社は株式相場というものがあって、その値段が売買の目安になります。 では、未上...

スタートアップの資金調達 終盤戦に待ち受ける試練。

資金調達活動が終盤戦に入ると、自社に興味を持っていて、かつ、条件面で折り合えそうな投資家がかぎられてきます。 でも、投資家も投資意向があるし、自社もその投資家に...

スタートアップの資本政策 時価総額の話で投資家の眉間にシワが寄る。

投資家との初回の面談に臨み、起業家が抜群のプレゼンテーションを行う。 質疑の応答も適切で、とてもよい雰囲気でミーティングの終盤を迎える。 最後に投資家から「時価総...